読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何て言ってるかわからない

見たこと、思ったことを、あくまで自己満に。

2014年でした

2014年の振り返りをしたいです。ぎりちょんです。

 

今年は100本くらいライブに行けました。てことは、おそらく1000本以上ネタを浴びていたことになるのね。非常に恵まれました。

 

キングのネタは、たくさんは見られなかったけど、彼らのネタの強さを実感してきました。ありがたいことに、ここのところ毎回出演している行列の先頭が、開催ごとに会場が大きくなっていくものだから、どんどん大きくなる笑い声を体感できてうれしかったです。最後に見たのはバティオスでの「小学校受験の面接」でした。めっちゃくちゃ笑った―!!やっぱ面白いなーーー!!!来年はたくさんのライブに出てくれますように。あと、高橋さんがもっともっと世間にみつかりますように。彼は今年、J:COMで藤子・F・不二夫ミュージアムの番組に、全国放送でドラえもんクイズ特番に出演されてよかったなと思います。もっと呼ばれてもいいのよ。あと、小明さんとの対談がまとめられた『卑屈の国の格言録』が出版されたことはとてもうれしかったです。もっと売れてもいいのよ。増刷されてもいいのよ。

 

ライブで中心的に見たのはドリーマーズでありました。まさかライブをみるために大阪に行くなんて思わなかった。でも、行ってみたらホームの芸人さんの魅力や、3組(仮)メンバーを初めて見た人たちの反応など、すごくいいお土産がたんまりできました。いってよかった・・・!あと、ドリマのMCを思いの外みることができてうれしかったです。人力舎の事務所ライブでは、バカ爆企画の紙相撲大会、生き物るんるん活発ライブ第一回、ネタのお誕生日会が印象的でした。認定漫才師発表後にあったキラ☆メンもよかったです。何がいいって、二人とものびのび楽しそうにしているところをみれたことです。三度の飯ほど相撲がすきな戸矢さんの行司は、ガチでした。さすがでした。坂本さんなんか、思い切り大声で、疲れるくらい笑っちゃったり。輝いていましたねえ。永遠に続く青春ほど、いいものはないのです。

今年彼らは何かの肩書きを得ることはなかったけど、何の肩書きもついていないこの状態の彼らをこんなにも楽しめたのだから、私は幸せ者のなでしょう。今私は、彼らの中にある不完全さや危うささえ魅力に感じて、追いかけてしまっているのかもしれませんが、来年はまた一つ上の段階にあがるほどの強さをどうか手に入れてほしいです。上からですみません。なんにせよ、彼らのことが好きなひとがもっと増えればいいなと、貪欲に思っています。

 

キングとドリマのライブかぶりは大変苦しみました。Simple Set Vest とギャンブル6のときは後者を選んだのですが、そのときの選択はそれでよかったと今は思っています。それがピテカントロプス最後の舞台となり、最後のギャンブル6となったからです。解散はとても悲しかった。でも、涙を流したのは悲しかったからじゃなかったとおもいます。大和田さんが芸人をやめるといったのは、初めのネタのコーナーが終わった直後でした。それから企画「大和田がやりたかったことぜんぶやらせてあげよう」がはじまりました。あまりにいつも通りの大和田さんと、全力でこたえるメンバーと、なにかこらえていそうな表情の中村さん。ワルスにほめられたり、巨匠と坂本さんとキスして回転したり、もうバカ騒ぎで楽しくて!楽しかったからよけいに悔しくて。涙流して笑ったのはあの時が最初で最後なんだと思います。ギャン6メンバーといえば、ワルステルダムも解散してしまいました。このときもすごく悲しくて悔しくて。一番かっこいいコンビだと思っていたから。でも、事務所HPにのせられた解散コメントをみたとき、少しすっきりしました。まなぶさんはとても前向きで、美梨亜さんが男前すぎて。見てるこっちとしては続けてほしいに決まってるけど、芸人として生きた人の美しい去り際を見れたことは、個人的にうれしい思い出となりました。

 

中村さんは増山緑さんとコンビをくみました。美梨亜さんは芸人を続けます。来年はどんな年になるのかな。

2015年は芸人さんにとって、お笑いが好きな人にとって、いい年になるといいな。どうか、なりますように。